日々の食生活で老眼予防

「老眼」と聞くとその文字の通り老人になってから起こる現象だと思っている人も多いと思いますが、決してそうではありません。40代になったあたりから、早い人では30代の後半から老眼の症状が出てくる人もいるのです。

最終的には誰しもが避けることのできない老眼ですが、予防によってその出現を遅らせたり、または気づかないほどに症状を軽く抑えることは可能であると思います。

私がお勧めする老眼の予防は、若いうちから日頃の食生活に少し気をつけることです。いわゆる、目に良いとされる食品の摂取を心掛けるのです。食事は毎日必ず摂るものですし、きちんとした食事をすることこそが、将来に渡っての健康な身体作りをしてくれるのです。

目に良いビタミンAを多く含んだブルーベリーの他に、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜、そして青魚や豆類も老眼の予防に効果的な食品だといえます。また、コラーゲンを含むものは目の水晶体の弾力を保つのに効果的であるため、ホルモンなどのコラーゲンを摂ることも大切だと思います。

こういった目に良い食品を積極的に摂りつつも、バランスの良い食生活を送ることが老眼の予防には重要であると思います。