老眼の進行を防ぐ為のトレーニングや食事など

老眼の症状が出るのは40代後半からだと言われています。

これは目の中にある毛様体の筋肉が衰え、水晶体の調節をして物を見るという機能が弱くなる為に起こります。

さらに、水晶体自体の弾力も失われる為に、老眼はある程度までは避けられない加齢による現象なのです。

しかし、できれば予防や普段からの対策によって老眼になりずらい環境を作っておきたいものです。この老眼を予防する為には、目の中の筋肉トレーニングなどをしておく事も必要です。

このトレーニングの方法は簡単なもので、遠くと近くを交互に見るだけです。手元に見るべき対象を置いてみたり、さらに外を眺めてみたりと繰り返す事もトレーニングになります。

普段からデスクワークで近くばかりを見ている人などは、数分おきに外を眺めるだけでも少しは効果もあります。

さらに、栄養面などでもバランス良い食生活を心がける事も大切です。

目に良いとされるのはビタミンAなどがあげられますが、ビタミンB・C・Eは目全体の加齢の予防の為にも摂取したいものです。

さらに、目に良いものと言えばルテインやアントシアニンです。これらを含む食事やサプリメントを摂取してみるのも老眼を予防する為にはとても大切です。

いくつかの方法がありますが、地道に忘れずやっていく事がやはり大事なことです。