食生活を改善して予防の最近のブログ記事

老眼の症状が出るのは40代後半からだと言われています。

これは目の中にある毛様体の筋肉が衰え、水晶体の調節をして物を見るという機能が弱くなる為に起こります。

さらに、水晶体自体の弾力も失われる為に、老眼はある程度までは避けられない加齢による現象なのです。

しかし、できれば予防や普段からの対策によって老眼になりずらい環境を作っておきたいものです。この老眼を予防する為には、目の中の筋肉トレーニングなどをしておく事も必要です。

このトレーニングの方法は簡単なもので、遠くと近くを交互に見るだけです。手元に見るべき対象を置いてみたり、さらに外を眺めてみたりと繰り返す事もトレーニングになります。

老眼の予防は規則正しい日常生活から

老眼を防ぐ為に大切なのは健康的な日常生活を送る事が一番です。

一番は健康的な食生活。
バランスの取れた、栄養の偏らないメニューにする他、目に良いとされているアントシアニンを多く含む食べ物を積極的に取るべきです。

アントシアニンといって一番に思いつくのはブルーベリですが、他にも黒豆、牡蠣、にんにく、アスパラ、きゅうり等、野菜にも多く含まれている物はあります。

紫外線予防も重要

老眼を予防する最大の方法は、単純ですが、眼を酷使しないことです。

ただ、当然仕事でのパソコン作業など、眼を酷使しなければならないことも多いです。そのような場合は、なるべく定期的に眼を休めるようにしましょう。

また、眼を暖めることも、眼の疲れを取るのに有効です。
暖めたタオルや、市販の暖かくなるアイマスクなどを上手に利用して下さい。

眼を酷使しないという意味では、紫外線予防も重要です。アウトドアスポーツする方など、紫外線にあたることが多い方は、特に注意が必要です。

日々の食生活で老眼予防

「老眼」と聞くとその文字の通り老人になってから起こる現象だと思っている人も多いと思いますが、決してそうではありません。40代になったあたりから、早い人では30代の後半から老眼の症状が出てくる人もいるのです。

最終的には誰しもが避けることのできない老眼ですが、予防によってその出現を遅らせたり、または気づかないほどに症状を軽く抑えることは可能であると思います。

ライフスタイルを組み立てましょう

身体の部分のうち、老化が一番最初に出るのは眼だそうです。

書類など、無理して裸眼でを見ようとしても、かすんで見えなくなるし。
いちいち老眼鏡をかけなくてはならないなんて...。

まだまだ老化を認めたくない40代、とくに美魔女を自認する女性ならば、老眼はできるだけ
遅らせたいのではないでしょうか。